印鑑の高級手仕上げ激安専門店

個人を証明する印で、役所にて印鑑登録を行った重要な印鑑です。男性の場合、15.0mmは一般的です。

銀行口座の開設から預貯金の出し入れなど、金融面で大切な役目の印鑑です。財産を守る印鑑として、認印との兼用は避けてください。男性の場合、13.5mmは一般的です。

最も品質と価格のバランスが良い印材です。
きめが細かく欠けにくい中心部から取った「芯持ち」と呼ばれる材料で、品質も高く、見た目の好み
もありますが、美しく黒光りしており高級感もあります。
柘のような木材の印材はどうしても朱肉の水分に弱いので、水牛印材は朱肉との相性がよく、より永
く使用したいという方にオススメです!

損耗にも強く、印鑑としての一番大事な捺印性能は象牙にも上回る程綺麗な捺印ができます。   
これまで最高の印鑑素材は象牙と言われてきました。   
しかし、チタン印鑑の登場により象牙の王座が揺らいできました。   
また、重量感があるため力を入れることなく確実に捺印することができます。
最近、多くの幅広い年齢層に受け入れられ、男性はもちろん、おしゃれな女性にもオススメです。

自然そのままの黒い印材は「染め無し」として珍重されている。   
印材に成形した後、染薬品を一切使わずに、天然の角こその独特な縞模様も人気。   
しかし、チタン印鑑の登場により象牙の王座が揺らいできました。   
角の芯を印材に芯に合わせて切り出したものを「芯持ち」と呼び、原材料の角からわずか数%しか取れない希少品、黒水牛印材の特上品とされている。

彩樺は、北方寒冷地で産出される真樺とフェノールレシン(樹脂)を高圧加熱処理したもので、伸縮やヒビ割れが少なく、硬度に優れキメも細かいので印鑑には非常に適したエコ素材です。   
しかし、チタン印鑑の登場により象牙の王座が揺らいできました。   
印鑑としての性能は価格以上のものだと思いますので、
エコ印材の中でも一番にお勧めしたい次世代の優良印材です。

柘は別名で「アカネ」とも言い繊維分の密度が大変緻密で樹種の中では大変硬く程よい粘りを持ち、
印鑑の彫刻に向いている材質です。
しかし、チタン印鑑の登場により象牙の王座が揺らいできました。
使用後のお手入れ等をまめに行っていただくことで永く利用することもでき、
捺印性もよくコストパフォーマンスの高い材質です。短所としては老化しやすい。

金属印鑑の新メンバ、チタン印材のボディにブラックカラーを染めれ、   
特殊加工で色落ち変色し難しい、上品な黒く艶がある仕上げ、   
しかし、チタン印鑑の登場により象牙の王座が揺らいできました。   
指紋や汚れ付きにくく、男性向けな人気金属製実印印鑑。

個人を証明する印で、約定にて印鑑登録を行った重要な印鑑です。女性の場合、13.5mmは一般的です。

銀行口座の開設から預貯金の出し入れなど、金融面で大切な役目の印鑑です。財産を守る印鑑として、認印との兼用は避けてください。女性の場合、12.0mmは一般的です。

木の樹脂が地中に埋没し、長い年月により固化した宝石である。   
半化石樹脂や半化石の琥珀は、コーパルという。   
しかし、チタン印鑑の登場により象牙の王座が揺らいできました。   
「琥」の文字は、中国において虎が死後に石になったものだと信じられていたことに由来する。
色は、黄色を帯びたあめ色のものが多い。弊社の琥珀印鑑では、人工樹脂を合成したものになります。

ローズクォーツの意味は「無条件の愛、優しさ」、スピリチュアルな意味は「自己愛」です。
自分を大切にすること、人を大切にすること、ローズクォーツは、そんなことを教えてくれる大切
な石です。
淡いピンク色が示すように、やわらかな愛のエネルギーに満ちた石で、愛の本質を教えてくれます。
そして、持つ人の心を浄化し、内面的な癒しと「自己愛」をもたらす石です。

損耗にも強く、印鑑としての一番大事な捺印性能は象牙にも上回る程綺麗な捺印ができます。   
これまで最高の印鑑素材は象牙と言われてきました。   
しかし、チタン印鑑の登場により象牙の王座が揺らいできました。
また、重量感があるため力を入れることなく確実に捺印することができます。   
最近、多くの幅広い年齢層に受け入れられ、男性はもちろん、おしゃれな女性にもオススメです。

着色加工を一切施していない、多種多様な色合いと独特な模様が特徴の美しい素材です。   
写真上の一部印材の頭に見える白い部分は、角の芯の部分です。   
水気に弱いが牛角材質の通性なので、ご使用と保管に注意が必要です。

彩樺は、北方寒冷地で産出される真樺とフェノールレシン(樹脂)を高圧加熱処理したもので、伸縮やヒビ割れが少なく、硬度に優れキメも細かいので印鑑には非常に適したエコ素材です。
印鑑としての性能は価格以上のものだと思いますので、
エコ印材の中でも一番にお勧めしたい次世代の優良印材です。

柘は別名で「アカネ」とも言い繊維分の密度が大変緻密で樹種の中では大変硬く程よい粘りを持ち、印鑑の彫刻に向いている材質です。使用後のお手入れ等をまめに行っていただくことで永く利用することもでき、捺印性もよくコストパフォーマンスの高い材質です。

HOME | ご注文ガイド特定商取引 | お買物かごの中身を見るお問い合わせ

Copyright© 2007-2017 hanko Premium All Rights Reserved